別刷り・増し刷りについて

小社では、雑誌掲載した純広・タイアップ記事を別途印刷する業務を行っております。お申し込みから納品まで円滑に進めるために、下記の留意事項をご参照のうえ、ご協力いただきたくよろしくお願い申しあげます。
お申し込み時には下記の要領でご連絡ください。

  • 掲載原稿にノンブル削除、文字の訂正、表紙作成など、少しでも追加修整や加工を加えたものは「別刷り」となります。現状では大部分が「別刷り」にあたります。なお、雑誌印刷の際に修正なしでそのまま追加印刷するものが「増し刷り」です。

留意いただきたい事項

雑誌ページの延長としてのご利用を前提としております。別刷りの場合、掲載原稿の校了から納品までの日数が少ないと、ご希望に添えないこともあります。下記、申し込みの期限は厳守ください。また、パウチ加工やパネル加工、追加の刷り増し等は申し受け範囲以外ですので、ご遠慮ください。また、別刷りのご利用は、原則として雑誌発売後1か月程度をメドにお願いいたします。

申し込み要領

純広告の場合、当該の原稿が掲載される雑誌の発売45 日前までにお申し込みください。
またタイアップの別刷りは、タイアップ申し込み時にご連絡願います。

申込書のご記入について

【印刷部数】

【紙質、体裁】

  • オフセット印刷用紙からお選びください。通常はコート紙の90Kgまたは110Kgです。

【納品日】

  • 雑誌発売日当日。理由がある場合のみ前日も可。
  • 部数の多少にもよります。また九州、北海道等は1日遅れます。

【納品先】

  • 極力、1か所としてください。なお、配送代金は実費を請求させていただきます。

【梱包形態、結束部数】

  • 印刷所が通常、雑誌の流通で用いている形が基本です。こまかい指定には応じかねる場合もあります。その際は、広告会社様の責任で、改めて梱包・結束をご担当ください。
  • 結束は200部単位、ハトロン紙梱包が原則です。

【表紙等の作成、雑誌ロゴ使用の有無】

  • 2次使用にあたって、編集部およびカメラマン、モデル等の了解が必要です。必ず最初のタイアップ申し込み時までにお知らせください。
  • ページ内容の体裁・文章・写真等を修整する場合には、本誌の校了時に、MOなど完全データで広告業務推進部あて別途入稿してください。
  • 追加修正や加工の内容とスケジュールによっては、「別刷り」をお断りさせていただく場合もあります。

進行について

  • 本誌記事校了時に、別刷り分についても校了の指定をしてください。扉ページに「○○(誌名)□月号掲載」と入れ、ノンブルを取るのが通常のパターンです。
  • 校了の2、3日後に色校正を出校しますので、原則として当日中または翌日早めに校了にしてください。通常の雑誌はグラビヤ印刷、別刷り分はオフセット印刷になるため、色調をご確認いただくとともに、「○○ □号掲載」の文字をご確認いただくのが目的です。

2006年1月 講談社メディア事業局